オーダー家具製作・注文家具製作、アンティーク家具の修理・修復の「デコラティブアートスタジオ 黒瀧道信」

〒227-0031 神奈川県横浜市青葉区寺家町603-2
Tel/Fax : 045-961-1677
ホーム
コンセプト
オーダー家具製作
定番家具製作
オフィス家具製作
家具修復
彫刻教室
お問い合わせ
Blog
Blog
Blog更新しました。

こちらからご覧ください。

Touch wood(タッチウッド)
家具:2014年03月03日
Blogを更新しました。

Happy New Year 2014"
家具:2014年01月01日
当工房の定番オリジナル家具のテーブルです。

アンティーク風に仕上げたテーブルですが、モダンなお部屋やカフェにも、

どこにでもすんなりとなじんでくれるのは、やはり、使い込んだ感じを再現したアンティーク仕上げにあります。



前からあったかのように、お部屋にも、心にもす~っとなじんでくれます。




個人のお宅でも素敵な空間に入り込んでいます。



20130214-367blog.jpg





20130214-12・20あ.jpg

東日本橋にあるヨガスタジオLotus8の運営する撮影スペース。
以前はカフェとして営業していたので、カフェのテーブルでした。

20130214-12・20う.jpg

今は撮影に使われているため、このテーブルたちも、
TVや雑誌、書籍、広告等で見かけることがあります。

20130214-12・20お.jpg
















おうちに帰るのが楽しくなる、
お友達を招いてお茶やパーティーがしたくなる、
そんな空間を日常に取り入れてみてください。






HPにて、詳細をご覧ください。


kurotaki michinobu
decorative art studio







家具:2013年02月14日
20120203-mozaik table blog4.jpg
個人のお客さんの自宅のために特注で製作した「モザイクテーブル」。

天板はカラフルなモザイクになってます。

お客さんの希望で、オランダの家具デザイナー、ピート・ヘイン・イークの家具で使われているような、モザイクの天板にしてほしいと依頼されました。

それ以外はお任せだったので、天板の下のフレームの部分はうちのいつもの味付け、デコラティブな脚にしてみました。
20120203-mozaik table blog6.jpg
脚は白く塗りつぶして使い込んだ風合いにしてあります。

天板が直線的なラインで構成されているので、脚は複雑な曲線の連続にしてあります。
20120203-mozaik table blog3.jpg
カラフルだけど強烈な原色を使わないで、少し淡い色を使っています。

これならテーブルの上にカラフルなお皿が来ても色がぶつからないし、色彩豊かな料理がテーブルの上に置かれても食欲を損なわないと思います。

何よりもお客さんがたくさんこのテーブルについてワイワイと御飯を食べていたら、めちゃくちゃ楽しそうです。
20120203-mozaik table blog1.jpg
20120203-mozaik table blog5.jpg
使い込まれてモザイクの色がところどころ剝がれてきてもいい感じになりそうです。





家具:2012年02月03日